« クレマチス | トップページ | 草津温泉の旅~② »

2009年7月12日 (日)

草津温泉の旅~①

 7月7日、一泊二日でお友達と群馬県吾妻郡草津町の草津温泉に行ってきました。

一昨年、四万温泉に行った いつものメンバーです。

この旅行を企画してくれたお友達が急用で行けなくなり~残念!!(;;;´Д`)

5人で行く予定が4人になりましたが、とても楽しい旅でした。

 朝、新宿南口のJRバス乗り場から高速バスに乗って草津温泉へ~途中、吾妻渓谷(あがつまけいこく)沿いを通って行きましたが、秋には素晴らしい紅葉を観ることができる遊歩道が200メートルほどあり、素晴らしい景観でした。

 001 午後1時過ぎに草津温泉バスターミナルに着きました。

 宿泊する草津ホテルからマイクロバスで迎えに来て貰い、荷物を預けて さっそく草津温泉を散策しました。

 さすがに奥深い山の中、空気がひんやりと涼しいくらいでした。

 前日まで雨が降っていて気温が20℃以下だったとか~

  

   草津温泉は日本三名泉(草津温泉・有馬温泉・下呂温泉)だけあって平日でも観光客がおり、少し賑わっていました。

坂を上って西の河原公園

公園内に流れている川の底は硫黄のせいか緑色で手を入れると温か~い!

源泉が湧いている所は湯気が立ち込めていました。

 そして、坂を下って温泉街へと

そこでは蒸したての温泉まんじゅうを道行く観光客に配っていました。

おまんじゅうは熱くて美味しい!(*´σー`)

 温泉街の中心部には源泉が湧き出ています。

その湯畑は周囲がロータリーになっていて、観光スポットです。。

湯畑は壮観!( ^ω^)おっおっおっ

高温の湯を外気によって冷まして各浴場に送られているそうです。水で薄めないで温泉が楽しめる訳です。

さすが名湯といわれる所以でしょうか。。。!!(゚ロ゚屮)屮

ちなみに湯畑のデザインは芸術家の岡本太郎氏の手によるものだそうです。

熱の湯ではあの有名な「湯もみ」を観ることが・・・

江戸時代から伝わる独特の入浴方法の時間湯(熱い湯を湯もみで温度を下げて入浴する温泉療法らしい~)だそうです。

観光客も湯もみに挑戦できるので、私も湯もみ唄に合わせてチャレンジ~(゚▽゚*)

 夕方、ホテルに戻りました。

草津ホテルは老舗旅館で趣のある和風造り~(・∀・)イイ!

通されたお部屋は大正モダンの広くて落ち着いた雰囲気でした。

広々とした大浴場や露天風呂、貸し切りの家族風呂(無料)があり、ここの温泉は西の河原にある源泉から引いているそうです。

肌がツルツルに~とても いい湯!

 夕食は部屋食でビールとワインで乾杯!

お料理も美味しかった~(o^-^o)V

夜は おしゃべりに花が咲き、寝たのは1時半過ぎでした。

朝食も部屋食で品数が多くお腹いっぱいに~(^^)

 もう、「上げ膳据え膳」の至れり尽くせりで大満足でした。ヽ(´▽`)/

019  

 

 

 

 お湯が流れている~

010  

 

 

 

 鬼の茶釜~熱い!

015  

 

 

 

 西の河原公園

017  

 

 

 

 硫黄成分で川底が緑色に~

021  

 

 

 

 

  

 

 源泉~湯けむりが立っている

   

024 034           

 

   湯畑   この辺りは趣のある旅館が多い!

 コンビニのセブンイレブンが街並みにマッチしている~(*^ー゚)bグッジョブ!! 

032 035

 

 

 

 

    標高が高いので涼し~い!若いカップルが意外と多い!

 026028

 

 

 

 

  唄に合わせて伝統ある湯もみ

 観光客も参加! 湯もみに挑戦した賞状と温泉タオルを貰いました。

   

044 045

 

 

 

 

    海の幸と山の幸の夕食と朝食は美味しかった~(^^)

|

« クレマチス | トップページ | 草津温泉の旅~② »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198622/45606174

この記事へのトラックバック一覧です: 草津温泉の旅~①:

« クレマチス | トップページ | 草津温泉の旅~② »