« 今年食べたモノ⑤ | トップページ | 忙中閑あり♪ »

2007年12月29日 (土)

マリと子犬の物語

  映画「マリと子犬の物語」を観ました。
  
  平成16年10月23日に発生した新潟県中越地震で被災地の山古志村に残されながら、当日の朝に出産したばかりの3匹の子犬を守り続けた柴犬のマリの物語です。
  
地震が起きてから16日間、マリはひとりで子犬を守りぬきました。それだけでなく、タンスの下敷きになって動けなくなったおじいさんを元気づけていました。このような実話が…。
  壊滅的な被害をうけた山古志村のマリのたくましさは素晴らしいですね。本になったり、映画化されるほど物語になってしまうのもうなづけます。
   
  映画は実話とは違いますが、子供向けの原作本の映画化で、これはこれで感動的でした。
  
 あれから3年、マリは元気にしているようです。今日12月29日に旧山古志村に帰村したということです。♪…
   
            
        原作本☆
  大勢の親子連れが…若い人もいました。涙なくしては観られない作品です。犬の演技がよかった♪
   
  byつくし

|

« 今年食べたモノ⑤ | トップページ | 忙中閑あり♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ハンカチなしでは観れないですよね(T_T)
動物、子供の演技には泣かされます…
原作本って絵本のところにありましたか?映画観て探したんだけど見つからなくて〜

投稿: ルカ | 2007年12月30日 (日) 18時45分

ルカ様
地震は怖いですね。一瞬にして家が倒壊してしまうなんて・・・。
本当に子供と犬の演技には~最初から涙、涙、でした。涙でもう、三回くらい鼻をかみました。(笑)
本が映画館ではなかったので、これは本屋さんで撮りました。

投稿: きこ | 2007年12月30日 (日) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリと子犬の物語:

« 今年食べたモノ⑤ | トップページ | 忙中閑あり♪ »