« 弥生美術館・竹久夢二美術館 | トップページ | きこ 寒いときはここ! »

2007年12月21日 (金)

クリスマスの思い出

  子供の頃のクリスマス

Img_1711  昭和30年代のある年、父が50cm位の小さなもみの木を買ってきたんです。クリスマスが終わると庭に植え戻して毎年その木を使っていました。そして、年々大きなツリーになりました。

 当時まだ私は小さかったのですが、忘れもしないクリスマスの思い出が・・・

 クリスマスの一週間前に父がもみの木を鉢上げしてくれたのを兄と妹と私の三人で飾り付けをしていました。

いろとりどりのオーナメント、大きな金の星、グラスボール、サンタ、モールのローソクなど、最後に綿の雪と電飾を付けます。暗い部屋で輝く電飾は綺麗で目を見張ったものです。そして、とんがり帽子にクラッカー、クリスマスケーキとお菓子の入ったサンタの靴が楽しみでした。

 クリスマスケーキは二段になっていて、生クリームで絞った薄ピンクの薔薇の花がいっぱいあり、アラザンが真珠のようにちりばめてあって、サンタクロースとウエハースのお家が・・・それは綺麗でした。

レコードをかけて、(当時はレコードプレイヤー)洋楽のジングルベルとホワイトクリスマスを聴きながらケーキとココアを・・・

 しかし、この年は

これからケーキのローソクの灯を消すという時、幼い妹が 『私が消すの~』 と勢い余って、クリスマスケーキをひっくり返してしまったんです。せっかくのケーキが台無しになってしまいました。

余程、悔しかったのでしょう。潰れたケーキを見て妹は大泣き!!そんな妹を両親はなだめすかして、なぐさめていました。

私もがっかりしました。幼かった妹はそれを憶えているでしょうか。

  この季節になると流れてくるクリスマスソングで、ふと懐かしい思い出がよみがえります。

  追記: もみの木は4年目には大きくなり過ぎて、鉢上げできなくなりました。その後は市販の組み立てのツリーを買ってきて飾っていました。ちょっぴり残念でした。

  byつくし

|

« 弥生美術館・竹久夢二美術館 | トップページ | きこ 寒いときはここ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほろ苦い思い出でもあり、今では懐かしい思い出でしょうね。
うちはツリーなんて飾った事なかったし羨ましい♪
ケーキひっくり返すなんて絵にかいたようなハプニング(笑)微笑ましいですね。
二段ケーキなんて豪華(@_@;)

なんだか思い出読んで朝からほんわか~な気分になりました(^o^)丿

投稿: ルカ | 2007年12月22日 (土) 07時47分

私が子どもだった頃のクリスマスはもっと素朴で、でも誕生日の次にワクワクするイベントでした。サンタさんを信じてましたもの。。。
つくしさんの思い出、目に浮かぶようです。妹さんももしかしたら覚えてらっしゃるかもしれないですね。

息子が大人になった時、子どもの頃のクリスマスを覚えてくれてたらいいなと思います。

投稿: スヌーピー | 2007年12月22日 (土) 17時43分

ルカ様
この時の出来事は鮮明に憶えています。そのケーキをどうやって食べたかは定かではありません。
子供心にも残念だった気持ちが強かったようです。
今ではいい思い出です。妹に感謝かな~(^^)

投稿: きこ | 2007年12月22日 (土) 20時49分

スヌーピー様
この頃は正月や節分、お雛様、クリスマスなどが楽しみでした。
残念ながらサンタのプレゼントはなかったです。

妹に聞いてみたらケーキをひっくり返した後、つぶれたケーキが印象に残っていたそうです。その前後は記憶にないそうです。まあ3~4歳くらいですから・・・

投稿: きこ | 2007年12月22日 (土) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198622/17331025

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの思い出:

« 弥生美術館・竹久夢二美術館 | トップページ | きこ 寒いときはここ! »